Suifeel(スイフィール)による水素酸素吸入療法の可能性

Suifeel(スイフィール)ハイスペック高濃度水素吸入器は、健康機器として日本市場に流通していますが、中国では医療機器として多くの医療現場で活躍しています。

ここではメーカーから共有された情報を公開させていただきます。


「医療用水素酸素アトマイザー」
(H2 / 66.6% O2 / 33.3%)

AMS-H-03(日本:BYT-JP-H03)
登録番号:National Machinery Note 20208080066
国家革新 クラスⅢの医療用呼吸装置として認可を初めて取得


2020年に、当高濃度水素吸入器による水素酸素療法が中国の医療に含まれました。
現在は主に、新型コロナウイルス感染症の患者の呼吸困難の症状を改善するため、病院をはじめ多くの個人宅でも使用されています。

診断および治療計画(試験第7版)、重症および重症例の診断および治療計画(試験第3版)。

現在に至るまで、当製品を用い、中国全土の14の単一施設、8つの多施設臨床研究、および200近くの基礎研究(7つの国家自然科学基金プロジェクトを含む)を実施しています。

結果、50ものSCI論文を発表しました。
初期の臨床実験的観察によると、水素はパーキンソン病、アルツハイマー病、うつ病などに一定の緩和効果があります。同時に、炎症を和らげることができ、アレルギー性鼻炎、睡眠障害、呼吸器疾患の慢性閉塞性肺疾患に効果が期待できます。また、PM2.5と喫煙による肺炎の症状、腫瘍化学療法と放射線療法の副作用、および変性には、特定の補助的な効果が期待できます。

適応症
---------------
入院を必要とする慢性閉塞性肺疾患の急性増悪を伴う成人患者の症状(呼吸困難、咳、痰を含む)の改善に使用されます。
---------------

ソフトウェア機能
---------------
システムが最良の状態で動作することを保証するためのマルチセンサーフュージョンアルゴリズム

テキストプロンプトと音声ブロードキャストがユーザーの操作をガイドします
---------------


多くの研究結果は次のことを示しています。
人間は、生命ストレス、環境汚染、食品安全、薬物副作用、その他の要因の影響を受け、悪性フリーラジカル(ヒドロキシルOH、亜硝酸アニオンONOO-)を誘発して、細胞の酸化ストレス損傷と特定の因果関係を形成します。用語の炎症は、人間の老化と慢性疾患の主な原因です。

水素分子の主な作用機序は、抗酸化、抗炎症、および細胞代謝やその他の機能への関与です。
世界中で発表された1,500の論文によると、水素分子は次の病気に生物学的影響を与える可能性があります。

悪性腫瘍
--------------
・肺がん
・肝臓がん
・胃がん
・結腸直腸がん
・口腔がん
・上咽頭がん
--------------

内分泌および代謝性疾患
--------------
・糖尿病
・高脂血症
・甲状腺機能障害
--------------

精神疾患
--------------
・睡眠障害
・うつ病
・統合失調症
--------------

神経系疾患
--------------
・パーキンソン病
・認知症
--------------

循環器疾患
--------------
・心臓病
・高血圧
・脳卒中
・血栓症
--------------

呼吸器疾患
--------------
・慢性副鼻腔炎
・慢性
・気管支炎
・慢性閉塞性肺炎(COPD)
--------------

消化器系の病気
--------------
・胃潰瘍
・肝硬変
・慢性肝炎
・慢性胆管炎
--------------

泌尿器系疾患
--------------
・慢性腎炎
・腎臓感染症
--------------

骨格筋と結合組織病
--------------
・関節炎
・多発性筋炎
・骨粗鬆症
・全身性エリテマトーデス
--------------

皮膚および皮下組織の病気
--------------
・慢性はしか
・アトピー性皮膚炎
・乾性がん
・全身性湿疹
--------------

血液および造血器の病気
--------------
・慢性貧血
・紫斑病
・血友病
--------------

耳と乳様突起の病気
--------------
・慢性中耳炎
・内耳の前庭疾患
・神経性耳鳴り
--------------

上記はこれまで行ってきた臨床試験に基づくものであり、その効果効能を保証するものではありません。また私たちは、「治療」を目的とする使用より、「予防」を目的とする使用を推奨します。